The Swifters【伝承と変革:変化するポップスの本流を掴む】

The Swifters:ビートとコーラスで踊らせる

ギターが二台、ベースとドラム。
メインシンガーが二人。

受け継がれてきた黄金のコードとハーモニーを武器にスイフターズは21世紀を泳ぐ。
ビートルズを中心とする60年代のビートバンドが発掘し、錬金したポップスを一飲みにして、自分たちの目線で歌う。

先人たちの偉大さに食あたりを起こすこともあるかもしれない。
そこはメンバーたちのガッチリと(ズルズルの笑)絆というか、縁で消化していくだろう。

 

The Swifters:ツインギターアレンジのツボ

サウンドの核はリズムギターとリードギター。
この二つが接近したり離れたり。フレーズとメロディとリフレインを行き来する。
60〜90年代までのいろんなフレーバーを交えながら。
そこに一番「自己主張の強い」ベースが割り込んでくる。
ドラムは淡々と、彼らの大騒ぎを見てる。
まさに、正統派ロックバンドの有り様と言える。

喜び・悲しみ・怒り。音楽にはいろんな側面があるけれど
スイフターズは「楽しい」を中心に創造するバンドだ。

ポップスの本流をつかんだいい楽曲が並ぶライブ。その中で、まるでお正月の親戚の集まりか、放課後の部室かのようにボソボソとしたMCが、お客に余裕をもたせてくれる。

3-01

 

The Swifters:21世紀のポップスをカスタマイズするために

イギリスのブリットポップが90年代の空気を作り上げたのと同じように、若干閉塞気味の21世紀をどうやってポップが飾れるか?
過去の遺産と現代の融合をどうするかという悩み。
いいポップバンドが落ちる最大の落とし穴はそこだ。

美味しいメロディーはもはや食べ尽くされてる。
でも、人を踊らせるリズムと高揚させるハーモニーは人間が持つ最大の武器。
スイフターズはそれを持ってる。

彼らに注文があるとするなら

「バカをやれ!」だ。

今は平均点の高い優等生。
作品のレベルも高く、演奏力も高い。
でも彼らにピンとくるのは、いわゆる「音楽思考の高いファン」だけになってしまう可能性がある。

きちんと作り上げた作品やフォーマットをガタガタと壊す「何か」や
お湯が吹きこぼれてしまうよな「何か」
お客さんの予想外のことをやれるようになると、彼らに気づく人はもっと増えると思う。

今、スイフターズに必要なものは「サムシング」だ。

3-02

 

ご意見・ご感想・応援など メッセージいただけるとうれしいです。 >>>こちらからコメント受付中!



images

FACEBOOK友達申請よろしくお願いします。 感想などメッセージいただけると励みになります! >>安田クニヒデ です。

>>サニーのエッセイのようなものはこちらにも 読んでもらえるとうれしいです