立花綾香【黒い戦闘服の黒い目は隠してるものを見逃さない】

立花綾香:カラフルに輝く黒い魔法の鏡を覗いてごらん

息を吸う。
これから吐き出すために。

立花綾香のライブは彼女のそんな儀式から始まる。
小さくて、二次元ぽいルックスはまるで可愛いお人形のように思える。その鋭い目線に触れるまでは。

息を吸い、止める。
世界を自分のものにするために。
彼女の舞台が始まると、ステージは多面体の水晶に映る映画のよう。一曲ごとに景色が変わり、主人公は感情をさらけ出す。さらけ出せずにもがく。泣き、笑う。

激しさと
優しさと
こっけいさと

一つ所にとどまらない感情は、ぶつかり、すり減り、整理され、本来の形を無くしていく。
それが生きていくための安全策。
立花綾香もそれは知ってる。頭では理解できてる。

立ち向かえば、世界は敵だ。
飲み込まれれば、世界は温水プールだ。
でもどうして、「どちらか」しかないのだろう。
どうして、うまくやっていけないのだろう。

1-01

 

立花綾香:もがく彼女を見ているようで、もがく自分に気がつく観客。

叫び、消え入る声で囁き、髪を振り乱して歌う。
まるで人身御供のように。
自らを捧げ、火あぶりにし、「前へ進め」と歌う。その姿を観客は目に焼き付ける。

誰もが面と向かいたくないと隠してる「怒り」や「不安」。
感じたくないととりつくろう「妬み」や「悲しみ」。
コントロールできない感情を、破裂音のようなピアノに乗せて提示する。
つい、寄り添ってしまう優しいピアノで提示する。

でも、それで終わりじゃない。

 

「あなたの中の、あなたはどうする?」

 

その問いを繰り返す。
僕らが問いに答えないのは「答えがない」からじゃなくて、「答えを出すのが怖い」からだ。
立花綾香はしかし、問い続ける。

1-04

 

立花綾香:東京シティは水槽と歌う新譜「アクアリウム」

これはライブレポなので音源などについては別の機会にきちんと話したいと思う。

三ヶ月ぶり?になる福岡でのライブ。
前回から今回までの間に、立花綾香は東京でのワンマンを成功させ、新譜をリリースし、チャートのトップを走り続けてる。

新譜「アクアリウム」の中からの3曲の中でも、「東京水槽」の圧倒的な熱量。

新幹線がゆるゆるとジュラルミンシティに滑り込んで行く。見上げるとビルに切り取られた灰色の空。東京に一旗あげよう!と勇んで乗り込んだ約30年前の自分がフラッシュバックした。
心が震えた。

そうだ。
あの街は、誰かに品評され続ける街。
悲壮感と無力感で押しつぶされてしまう街。
希望の光が手に届きそうなところで光る。
もしかしたらそれはネオンの照り返しかもしれないのに。
身体中の傷跡や新しい傷口をすり合わせながら遡上する魚たち。
そんな時代が僕にもあった。

1-02

ジュラルミンシティに夕日が沈むシーンの後、
天使のようなピアノが響く。
戦い続ける人たちを讃え、漂うだけの人たちを見守り、足りない酸素に悶えながら生きる人たちを美しく描くピアノ。
この曲のハイライトは間奏のピアノ・オーケストレーションだ。
歌と歌をつなぐこれ以上ない美しいメロディ。

残念ながら、CDに収められたものはライブの震えるような感覚を捉えきれてない。
なので、彼女には全国を回って、この歌を届けて欲しい。

かつて東京に挑み、はじき返された人のために。
それでも、その情熱を消しきれてない人たちのために。
荒木経惟の切り取った「愛」の写真と対となるこのCDを持って。

2016-12-18-10-44-58

 

立花綾香:ネオンだけじゃない。シャンデリアだって、ある。

彼女のライブはほぼ5曲程度。
一曲一曲がドラマチックに展開するので、観客は意識を持っていかれる。
でも、叫び続けるだけじゃないんだ。

彼女の黒い服は、多種多様な色を混ぜ合わせて作った「黒い戦闘服」だけど、彼女を美しく飾る「ドレス」でもある。歌の力を増幅させる美しさと華やかさを持つ。
黒いドレスは真っ赤に燃えるように見えることも、水槽を漂う青いドレープに見えることもある。
全ての色を捨て去った「喪服」に見える瞬間もある。

もしかしたら立花綾香はひとステージ終えるごとに死んで、また、生まれるのかもしれないな。

そうか。

だから彼女の目はキラキラと輝き続け、初めて見る世界の様々を歌わざるをえないのか。

ご意見・ご感想・応援など メッセージいただけるとうれしいです。 >>>こちらからコメント受付中!



images

FACEBOOK友達申請よろしくお願いします。 感想などメッセージいただけると励みになります! >>安田クニヒデ です。

>>サニーのエッセイのようなものはこちらにも 読んでもらえるとうれしいです