宿六兄弟【ソウルメイトを見つけた元同僚】悲しい気分なんてぶっ飛ばしちまえよベイベ

宿六兄弟:アコースティックギターとパーカッション。その限界を超えるパフォーマンス。

いまからもう5年位前かな?宿六兄弟のパーカッションの内田あやとバンドをやってた。マドリガルコメディーというツーピース。

僕と彼女の音楽性はまったく違っていたし、音楽の方向性も違っていた。
ただそんなことはどうでもよくて、彼女のきらびやかで極彩色なドラミングに憧れ、一緒にやってくれと直談判。その頃彼女は10個くらいのバンド・ユニットをかけもちしてたんじゃなかったか?
途中一度休止したんだけどまた再しどう始動。

ぼくは曲をどんどん書き、彼女にどんどん投げた。マドリガルコメディーの音楽性はほかのどこにもないポップで暗くて物語のあるものになったと思った。これはいけるぞと。

あるとき、彼女は「本当に心からぴったり合う相手が見つかった。これからは『宿六兄弟』一本でやりたい」といわれ、バンドは終わった。

自分の夢に終わりを告げられることはなかなかにつらい。
自分の人格の全否定をされたように思ってた。

 

久しぶりの宿六兄弟。あやの求めてた音楽の結晶がそこにあった。

結成当時にも宿六兄弟をみた。その時は「なるほど、こんな感じがやりたかったんだな~」くらいの軽い気持ちと、モヤモヤしたものが残り、その後数年、彼女たちの演奏を見ることはなかった。

今回は町田さんのおススメのアーティストのタイバンとしてひさしぶりの宿六兄弟。
ちょっとドキドキした。

出番はラスト。
テーマのような曲からスタートし、次から次へとカラフルな音とパフォーマンスが出てくる。
それはまるでサーカスのよう。
僕の考える、わびしさと哀しさに満ちたサーカスではなく、よろこびにみちたもの。

よろこびを体現することにまじめで、妥協がない。
そのベクトルの方向が、宿六兄弟のふたりはまったく同じだ。
そうか、彼女はこんな音楽がしたかったのか。納得した。
僕の描いた未来とはまったく違った到達点。

yado03

 

「メリケンカーボーイ」から見えた光景

現代という荒野で生きる人たちへの応援歌。(福岡を中心に活躍されてる大塚真之さんの曲)

君の狙ってるものは、そんなありきたりのものじゃないんじゃない?

がんばれー!っていうんじゃなく、聞く人の自問自答を促し、答えを出すための勇気をくれる。
彼女たちが思ってる未来へ「ゴー!」っていうんじゃなく。
あなたの望むものへまっすぐ進みなよって言ってくれる。そんなうた。

彼女たちがうたうこの歌を聞いて、キラキラとした星空と、荒涼とした荒野と、そこのオアシスのカフェが見えた。

楽しいだけのステージは苦手だ。
僕はやっぱり悩んでしまう。

でも宿六兄弟のステージからは「悩むなんてばかげてるぜ」とは感じない。

くよくよ悩むのもいいだろうよ。でもさ、悲しい気分なんてぶっとばしちまえよ!

そんな大人の(本人たち曰く『熟した』)大人のためのロックンロール。

yado02

 

彼女たちの技術はそりゃもう、すばらしい。
自分がイベントをするにしてもトリをつとめてもらいたい。

だってさ、なんだかんだあったって、今日という日は過ぎて行くし、明日はまた朝日が昇るんだよって言うじゃないか。その感じだよ。

 

彼女たちはアメリカのドライブインのようだ。
誰もが訪れて、ハピネスとレストを享受する。
喜びに満ちたバグダットカフェのよう。

ご意見・ご感想・応援など メッセージいただけるとうれしいです。 >>>こちらからコメント受付中!



images

FACEBOOK友達申請よろしくお願いします。 感想などメッセージいただけると励みになります! >>安田クニヒデ です。

>>サニーのエッセイのようなものはこちらにも 読んでもらえるとうれしいです