M-W(エムダムル)【清川を昭和にタイムスリップさせる唄】

M-W(エムダムル):こんなにミラーボールが似合う人、そうはいないよね。

前にボーカルのミコさんの、娘さんのライブをみたことがある。

>>>娘さんの記事はこちら

今日はお母さんの唄を聞く。
親子して「歌の魔力」にとっつかまったんだなあ(笑)

ミコさんの唄に、過不足なくバッキングするギター。
歌が始まり、ミラーボールがキラキラと回り始めると、もはや「歴史の教科書」にのってる「昭和」のはじまりだ。

昭和遺産ともいえる、豊かな歌謡曲・フォークソングたち。
唄作品として饒舌で。
こんないい曲を、うもれさせてるのもったいないよね。
ミコさんはもしかしたら「発掘係」なのかもしれない。

 

M-W(エムダムル):若さだけじゃないんだよ。表現ってのは。

僕も50歳を過ぎて、どうやっても20代・30代の若者の「勢い」とか「苦悩」とかはもうない。人生を重ねてきたからこその味、なんていう言葉でごまかしたくはないけど。

年取らないとできないこともあるんだよ。
生き延びてなきゃ歌えない歌があるんだよ。
だから若者よ。生きて、歌えよ。
あたしもまだまだしぶとくやるよ。

そんなメッセージを感じた。

いきろ!というメッセージ。人生は楽しいこともあるよって。

003

 

M-W(エムダムル):場末のホールにたまる愛憎

メインストリートから一歩奥へ。
小さな飲食店が並ぶ小路。
そこに夜通しやってる飲み屋がある。いわゆる深夜食堂的な。

ミコさんの唄から感じるものは、その空気感。
ねこも丸くなって寝てる。
そんなお店があったらいいだろうなあ。
若者はミコさんに、心のグズグズをぽつりぽつりとさらけ出し、豪快に笑われて心が少し軽くなる。
そんな「癒し」を感じさせる。

心地よさだけで包むのじゃなくて。
傷口を見せて、ほら、その傷、わたしのもあるよって笑うような癒し。

昭和の歌の持つ力も、昭和の歌い手の持つ豊かさも感じることができたステージでした。

今迷ってる若者よ。一度会いにきてみなよ。

002

ご意見・ご感想・応援など メッセージいただけるとうれしいです。 >>>こちらからコメント受付中!



images

FACEBOOK友達申請よろしくお願いします。 感想などメッセージいただけると励みになります! >>安田クニヒデ です。

>>サニーのエッセイのようなものはこちらにも 読んでもらえるとうれしいです