冨安志穂【電気仕掛けのオペラ座の小さなクイーン】

冨安志穂:肉体を捨てたストーリーテラー

彼女はちょっと前までバンドのボーカルだった。
monouiという、すごく好きなバンドだった。

>>>monouiのレビューはこちら

バンドの持つ肉体性と、冨安志穂の持つ「自己愛の繭」の中で流れるダンスミュージックが面白いバランスだと思ったんだけど。

彼女に「肉体」はいらなかったのかもしれない。
楽曲を作り、オケをバックに歌う彼女のソロステージを見て、そう思った。

40〜50歳代の僕のような年配が彼女のライブを見ると、頭の中にワードが浮かぶはず。

彼女は

  • エレクトリックな中森明菜であり
  • 戸川純の激情を持つ2.5次元の住人

だと。

 

冨安志穂:彼女は彼女の世界に住んでいる

彼女にとってライブはエンターテイメントではない。
自分が感じ、傷ついた事柄をえぐり、見せてくれる。
彼女の傷は生々しくもあり、美しくもある。
流れ弾をくりぬいた手術痕は、太古の生き物の脊椎のように純粋だ。

かさぶたを剥ぎ

「あなたにも同じような傷があるでしょ?思い出した?」と言ってるようだ。

メロディやサウンドは暗く激しいのだけれど、感情のおもむくままに吐き出しているわけではない。
それだったら子供のダダと同じだ。

冨安志穂には素晴らしい楽曲があり、首尾一貫、彼女の美学が詰まったオーケストラがある。

夢見るようなサウンド。
憂いを秘めながらもキラキラとしたサウンド。
ベース音が唸る。

カバー曲でさえ、自分でオケを作るそうだ。

001

 

冨安志穂:NO call &response

手拍子という「肉体的参加」でライブを楽しむのもオーケーだ!
でも冨安志穂のステージにはいらない。

悲しみや暗い夢想や妄想を持たない、持ったことのない人がもしいるのなら、彼女のステージから得るものはない。

痛みを、ショーに昇華して楽しもうじゃないか!

冨安志穂の最終形態は「オペラ」だと思う。
彼女の書いた複数の楽曲が、ちょっとした舞台装置と照明によって語られるとき。
ライブハウスはオペラ座になる。
いや、旅芸人のサーカス座かもしれないが。

一曲一曲に込めた想いがもっともっと濃く繋がって、息もできないような迫力を見せるためにはMCもいらない。

映像作品もいいかもしれないけど、彼女には舞台が必要だ。
思い切り手の込んだ悲喜劇が見たい。

003

ご意見・ご感想・応援など メッセージいただけるとうれしいです。 >>>こちらからコメント受付中!



images

FACEBOOK友達申請よろしくお願いします。 感想などメッセージいただけると励みになります! >>安田クニヒデ です。

>>サニーのエッセイのようなものはこちらにも 読んでもらえるとうれしいです


M-W(エムダムル)【清川を昭和にタイムスリップさせる唄】

M-W(エムダムル):こんなにミラーボールが似合う人、そうはいないよね。

前にボーカルのミコさんの、娘さんのライブをみたことがある。

>>>娘さんの記事はこちら

今日はお母さんの唄を聞く。
親子して「歌の魔力」にとっつかまったんだなあ(笑)

ミコさんの唄に、過不足なくバッキングするギター。
歌が始まり、ミラーボールがキラキラと回り始めると、もはや「歴史の教科書」にのってる「昭和」のはじまりだ。

昭和遺産ともいえる、豊かな歌謡曲・フォークソングたち。
唄作品として饒舌で。
こんないい曲を、うもれさせてるのもったいないよね。
ミコさんはもしかしたら「発掘係」なのかもしれない。

 

M-W(エムダムル):若さだけじゃないんだよ。表現ってのは。

僕も50歳を過ぎて、どうやっても20代・30代の若者の「勢い」とか「苦悩」とかはもうない。人生を重ねてきたからこその味、なんていう言葉でごまかしたくはないけど。

年取らないとできないこともあるんだよ。
生き延びてなきゃ歌えない歌があるんだよ。
だから若者よ。生きて、歌えよ。
あたしもまだまだしぶとくやるよ。

そんなメッセージを感じた。

いきろ!というメッセージ。人生は楽しいこともあるよって。

003

 

M-W(エムダムル):場末のホールにたまる愛憎

メインストリートから一歩奥へ。
小さな飲食店が並ぶ小路。
そこに夜通しやってる飲み屋がある。いわゆる深夜食堂的な。

ミコさんの唄から感じるものは、その空気感。
ねこも丸くなって寝てる。
そんなお店があったらいいだろうなあ。
若者はミコさんに、心のグズグズをぽつりぽつりとさらけ出し、豪快に笑われて心が少し軽くなる。
そんな「癒し」を感じさせる。

心地よさだけで包むのじゃなくて。
傷口を見せて、ほら、その傷、わたしのもあるよって笑うような癒し。

昭和の歌の持つ力も、昭和の歌い手の持つ豊かさも感じることができたステージでした。

今迷ってる若者よ。一度会いにきてみなよ。

002

ご意見・ご感想・応援など メッセージいただけるとうれしいです。 >>>こちらからコメント受付中!



images

FACEBOOK友達申請よろしくお願いします。 感想などメッセージいただけると励みになります! >>安田クニヒデ です。

>>サニーのエッセイのようなものはこちらにも 読んでもらえるとうれしいです


松谷さやか【異国感あふれる祈りのうた】

松谷さやか:あちこちで名前とフライヤーを見てた。

若手のシンガーソングライターのなかでも、よく見かける名前と顔。キャバーンの町田さんからの強力プッシュもあり楽しみにしていた。

一曲目はキーボードの弾き語り。
これがすばらしい迫力だった。
簡単な伴奏だからこそ浮かび上がる光景。現実世界の海や山、ビルディングではなくて、光の輪のような。浮遊感と重さが同時にあって、「おおお」となった。

大きな石の扉を開けるような歌声。切りつけるのでも、こじ開けるのでもなく、重い石の扉自体に「開いて」と言い聞かせるような。
暗いステージのすみっこにおかれたキーボードのバックから光が差し込んでくるような。
それはだんだん強く、おおきく。

松谷さやかはゴスペルグループなどでも活躍しているらしい。
そんなことは全然知らなくても、根底にあるものが「祈り」だということがすぐに感じられた。フェイクのないまっすぐな歌も。

これからも弾き語りを見てみたい。音の全ての責任をもって立つ松谷さやかを見たい。

404

 

松谷さやか:女の子たちは自分の見せ方、見られ方を知っている

松谷さやかは美しい。西洋の石膏像のような美しさがある。先に自分の武器に気がついたのか、歌い始めてから気づいたのかはわからないけど、ステージ衣装・表情・しぐさなどキチンとしたプレゼンテーションがある。

ステージで自分を美しく見せる。もしくはかわいく見せるってのはとても大事。それだけじゃダメだけど。

それがあざとく見えるかもという不安をもつかもしれないけど、実際かなり難しいけど。
見た目のイメージはとても大事。
Tシャツとデニムが似合う人もいれば、ノースリーブで美しい腕を見せたほうがいい人もいる。

この日トリで登場した「えとぴりか」のようにいつもアンティークで素晴らしい衣装で、自分の表現世界とのギャップをプレゼンするのもいい。現れただけでも半分満足できるようなプレゼン。

お客さんは歌だけをきいているのではない。その人の動きを、衣装を、しぐさをみてる。
松谷さやかのプレゼンは美しかった。

402

 

松谷さやか:闇の存在を認めてるから、光を信じてうたう。

彼女は歌のひとつひとつにちょっとした解説をする。良い予告編のように曲の理解度があがる。これもステージングで重要なことのひとつ。

観客は彼女が開ける扉の向こうの世界をそれぞれに想像し、はいってくる。
だから曲が、物語がしみてくる。

やさしい世界を歌う松谷さやかは、この世の暗さを知っているし、深い悲しみがあるからこそ祈りをやめない。それで何かが変わるとか、歌が世界を救うとはおもっていないかもしれない。でも彼女は「この重い扉を開けたい」と切に願う。歌は自分自身のためにあり、同時に誰かのためでもある。

 

松谷さやか:ステージングのうまさ、誠実さ。自分を媒体として使う覚悟がある。

低音から中音域までのセクシーさと、高音域でのすこし揺らぐピッチ。それは松谷さやかの魅力だ。洋楽のカバーで心から楽しんで歌う彼女と、メッセージを伝えるために自分を媒体として使う彼女。みんなの「たのしみ」であろうとして、喋る彼女。

短い時間だったけど、彼女の意識の出し入れと、緊張と緩和のタイミングは素晴らしかった。ステージングに悩む人へのひとつの答えだった。おなじステージに立つ人間として(いやいや美しくない51歳のおじちゃんだけどね笑)とても勉強になった。

演奏された曲すべてが違う意味を持ち、目的をもっていた。
音楽家のみなさん。音楽に自分をささげていますか?

力強い彼女のメッセージ。

 

歌はわたしのもの。わたしは、歌のもの。

401

ご意見・ご感想・応援など メッセージいただけるとうれしいです。 >>>こちらからコメント受付中!



images

FACEBOOK友達申請よろしくお願いします。 感想などメッセージいただけると励みになります! >>安田クニヒデ です。

>>サニーのエッセイのようなものはこちらにも 読んでもらえるとうれしいです


井上紗矢香【軽く、明るい歌と見せかけて勝負曲は力強い】

井上紗矢香:ドーナツが好きだったり、ドライブが好きだったり

ピアノの愛華さんとのユニットはまだ名前がないらしい。
でもふたりはとても仲良しな感じがする。
パジャマパーティーのようなのんびりとした空気のステージ上。

ちいさな歌うたい井上紗矢香は、愛玩動物のようにみえるけど視線はかなりピシッとしてる。いい度胸をしてる。
ピアノの愛華はそんな彼女を見てるのが楽しくてたまらないようだ。
二人には信頼感(この言葉、ちょっと違うな)があって、歌と楽器で会話してるよう。
それも「今日、なにたべる?」とか「丸井のあの店いった?」みたいな(笑)

歌を、演奏をおろそかにしてるって意味じゃないよ。そのくらい「歌う・弾く」ってことが日常にようだった。まるでお家にお呼ばれしたような。

ドライブにでかけようよーつまんないこと忘れちゃってさー
なんていう楽しい曲が、井上紗矢香の持ち味なのかな?なんて感じながら、キャバーンビート名物のベジバーガーを食べていた。

ところが・・・

 

井上紗矢香:勝負曲(だと勝手に思う)は、強いメッセージを届ける

終盤に歌われた「シンデレラ」の曲。
いまはまだボロボロのシンデレラ・・・

ちょっと聴くと

「笑顔を絶やさず生きていこうよ。そうすればきっと王子様がやってくるよ」

っていう応援ソングのようだ。どちらかというと「待ってる女の子」の歌に聞こえた。

でも、真意は違った。

「笑って待ってるだけじゃダメだよ。自分から扉を開き、外に出て、成功の果実・幸福の果実を取りにいかなきゃ!」

歌の後半、はじけるような光を放つ。強い渇望。

現実にあがいて、憧れるものとの距離を感じていらだつ。毎日笑ってれば白馬の王子がやってくるなんてことは夢にすぎない。走り出して、走り続けた人にしか「幸福」はこない。
だから私は、自分でやる。私は待たない、取りに行く。

 

明るく楽しいステージのなかで、彼女たちのホンネが現れた瞬間だった。
戦う女の子の決意表明だった。

201

 

井上紗矢香:もっと壊れて、裸になって。ほんとうに伝えたい事のために。

元々はバンドで活動していたらしい。バンドは音量もあり、個人で戦う競技とはちがう楽しみも苦しみもある。表現者としては「ラク」な部分もある。

この名前のないユニットはたったふたりだ。ふたりで走らなきゃだめだ。井上紗矢香の歌はまだ自分自身の熱や闇や輝きを表現し切れていない気がする。
生まれたばかりのユニットだからかもだけど、もう少し歌メロのフェイクを少なく、ストレートな歌い方にしたほうがいいなと思う部分があった。

誰かの真似じゃなく、歌いたいこと、伝えたいことを伝えきるのに「必要か、必要でないか」をふたりで考えるといいと思う。

新鮮さはいつか消える。誰かの影響からもいつか解かれる。
その時に、心の中にある本当に歌いたいことを、100%爆発させるために。

たのしく、きびしく進んで行くチカラを、二人は持っている。

そう感じた。

202

ご意見・ご感想・応援など メッセージいただけるとうれしいです。 >>>こちらからコメント受付中!



images

FACEBOOK友達申請よろしくお願いします。 感想などメッセージいただけると励みになります! >>安田クニヒデ です。

>>サニーのエッセイのようなものはこちらにも 読んでもらえるとうれしいです


acane【ポップミュージックの楽しさを身体中で表す】

acane:伸びやかな声で歌われるPOPS

ライブハウスの印象は?
いったことのない人に聞いてみると「なんかこわそう」ってのが帰ってくる。確かにヒリヒリとした空気や、爆発する情熱や、音楽を武器として自己表現する人は恐そうな気がするよね。

でもacaneのように、高水準のPOPSを歌う人もいるんだよ。

難しい事を考えなくても、その歌声に心を預けたり、歌う姿に目を預けたりできるんだよ。ライブハウスを「近寄りがたい場所」から、「チラッとよってみよう」という場所に変えるのはもしかしたらacaneのような「POPSシンガー」なのかもしれない。

 

acane:聞きやすく耳なじみのいいコーティングは彼女の戦術

まだまだカバーが多いのだけど、オリジナルもなかなかの味わい
「明るく楽しく」っていう方法論は路上で音楽活動を多くやる人たちが採用する戦術かも。音楽は人を楽しい気分にする。
それはとても大きな力。
ただそれを「腹をくくって続ける」ってのはなかなかに骨が折れることもあるだろう。
嫌なこともあるだろうし、凹むこともあるだろう。
でもそれをばれないように、ニコッと笑って歌い続ける。
それは素敵なこと。

0401

 

acane:歌を届けるためにしてほしいこと

彼女の歌は心地いいのだけれど、バックトラック(カラオケ)がもう少し音数が少ないほうがいいかなと思った。簡単なリズムと、すこしのベースラインがあればいい。
そのほうがカラフルな歌声がもっとよくなる。
JPOPの教科書のように気のきいたアレンジが実はもったいない。
アコースティックなバンドがいちばん合うとは思うけど、バンド運営はなかなか難しいからね。
カラオケでうたってる福岡のシンガーたちを歌わせる「生のバックバンド」があるといいなあ。作りたいなあ。

僕は歌を歌うことよりギターが好きだから、隣で弾きたくなるよ(笑)

 

acane:正しいポップを届ける「うたのおねえさん」

とはいえ、時流がカラオケでもOKなら、それもまたよし。
たった一人で、楽器という相棒もなく、聞く人とめんと向かう。たった数十センチの高さとはいえステージに立って。
そんな度胸のある人たちがふえてるのかな?
歌声が町中に溢れてる今だからこそ。
生の歌をとどけることは重要だと思うんだ。

0402

ご意見・ご感想・応援など メッセージいただけるとうれしいです。 >>>こちらからコメント受付中!



images

FACEBOOK友達申請よろしくお願いします。 感想などメッセージいただけると励みになります! >>安田クニヒデ です。

>>サニーのエッセイのようなものはこちらにも 読んでもらえるとうれしいです


UKEY【少女がジャンプをする瞬間】

カラオケをバックに歌うUKEY。今はこれが主流なのかな?

歌を歌うことがすき。路上でも仲間同士のカラオケでも。オリジナルかどうかとか関係ない。歌うことが好きだし、音楽が好き。
僕自身は「歌を歌う」という事がそれほど得意ではないので(!)いまひとつそんな気持ちがわからなかった。
ただ、来てくれたお客さんに向かって堂々と、両手を広げて歌う姿に「なるほど。歌が好きって言うのはこういうことなのかもね」と思った。清清しく、迷いがない。

 

UKEYは上京するという。夢をカタチにするために。

客席で友達がないていた。
旅立つ彼女の歌う歌に。
なんか、いいな。

夢があって、それを手に入れるために東京へ。
そんなUKEYの姿に自分自身の20代を重ねてしまった。

やりたいことが早く見つかった人ほど幸せなものはない。遠くに光るキラキラ星かもしれないし、隣で光るはっきりした光かもしれない。それに憧れ、近づきたいという想い。自分でも止められない情熱はやっかいだ。走り出してしまうから。ただ、やみくもに。

音楽に取り付かれて、DJをしたり歌を歌いたい。
そんな特別な夢ではないけど、走り出す人はそれほどはいない。
走る人の役割は「走れなかった人」の想いも抱えること。
それはいま、客席で君の姿をみてるひとかもしれないよ。

 

0203

 

UKEY:手にするものや無くしてしまうものを数えずに前に進むのが若さの強さ。

風に吹かれても、雨に打たれても終わらない花でありたいと彼女はうたう。
叩きつける風雨は身体を痛めつける。
冷えたからだを温めるのは、ストーブやホットミルクや「情熱」だ。

暖かい友達が君を暖めてくれるだろうけど、心の奥で燃えてる「情熱」がいちばん強い。

 

昨日キャバーンビートに集まった人は、少女が夢に向かってジャンプする瞬間に居合わせた。僕らはUKEYがどんな夢をつかむのか、期待して待っていよう。
(ごめんね。ライブレポートになってなくて)

0202

ご意見・ご感想・応援など メッセージいただけるとうれしいです。 >>>こちらからコメント受付中!



images

FACEBOOK友達申請よろしくお願いします。 感想などメッセージいただけると励みになります! >>安田クニヒデ です。

>>サニーのエッセイのようなものはこちらにも 読んでもらえるとうれしいです