BLACKPEARL【古いから好きなんじゃない。かっこいいから好きなんだよ】

BLACKPEARL:ロックンロールに必要なストーリー【兄妹】

子供の頃、かっこいいと思ったものを掴む。それがたまたまレスポールやレッド・ツェッペリンだっただけ。自己表現とかリスペクトとか意味がわからん。俺は、わたしはこれを「かっこいい」と思ったから、やる。

そんな潔さと、ツェッペリン(ヤードバースも、ね)好き好き光線があふれてた。

フロントのボーカルとギターは兄妹。
兄妹だからこその安心感とか、反発とか。キンクスからオアシスに至るまで多くのロックバンドに兄弟がいて、ストーリーが生まれる。
だってさ、最初にかっこいいものを共有できるのって、兄弟じゃん。親子の場合もときどきあるけど。

マイクスタンドに絡みながら気持ちよくシャウトする偽ブロンドのキュートな立ち姿に観客がみとれると、「おいおいその場所、独り占めすんなよ!かっこいいのは俺のギターだぜ。」てな具合に割り込んでくる兄貴。

気持ちがいい。

 

BLACKPEARL:タイトで寡黙なリズム隊なくしては成り立たないFEVER

それにしてもよく動くベースと、破裂音の気持ちのいいドラム。
ハードロックはギタリストに目が行きがちだけど、ぐらつかないリズムがあるからこそいいバンドだ。
ツェッペリンだってそうだ。THE WHOは極端かもしれないけど。

完璧でメロディアスなリズム隊の上で、好き勝手に走るギター。よれたり、走ったりも多々あるけど、まさにそれがロックバンドの色気だ。

暴れる兄貴に馬乗り(笑)なのがクイーンであるボーカル。
MCから垣間見る等身大の女の子の発言と、歌が始まってからの「堂々感」のギャップが楽しい。

009

 

BLACKPEARL:博多の大先輩の前でTrain Kept A Rollinをぶっ放す!サイコーだ!

この日のライブは出演者もお客さんも年齢層がたかかった。そこに「パクリの美学の権化」であるヤードバーズのTrain Kept A Rollin(レモンティー、ね。)を頭にもってくる。
そうだよ、この意気だよ。

いつまでもおっさんたちを懐古趣味にのさばらせておくなよ(笑)※ぼくは懐古趣味も大好きだけど!

まだまだ若くてぎこちないところも、シャイなステージングもあるけれど、それがどうした??
伝説のギターヒーローたちも、20代あたまはこのくらい澄み切っていて、自分が伝説になることなんか知らず、いまかっこいいと思う音楽を「どうだ!きけよ!踊れよ!」って毎日毎日でかい音で演奏してただけだ。

008

 

BLACKPEARL:オリジナルも愛にみちた「ロックジャンボリー」

ついこのあいだアメリカのほんもののストリートで演奏してきたらしい。アメリカのノリにびっくりして「ツェッペリン好きな人がこんなにいるなんて!」と思ったと言っていた。
アメリカ人からしてみたら「日本人にツェッペリンやるやつがいるなんて!」ってびっくりしただろうね。

オリジナルもロック愛に満ちたフレーズ大会。
まだ彼らはツェッペリン愛の産道の途中。BLACKPEARLとして産み落とされてはいない。
素晴らしいロックの胎教を受け、これから生まれるんだ。

ツェッペリン愛が、BLACKPEARL愛に変わるとき。とても楽しみだ。
すべてのかっこいいロックを食い散らして、21世紀のこの日本で何を生むんだろう。

13

ご意見・ご感想・応援など メッセージいただけるとうれしいです。 >>>こちらからコメント受付中!



images

FACEBOOK友達申請よろしくお願いします。 感想などメッセージいただけると励みになります! >>安田クニヒデ です。

>>サニーのエッセイのようなものはこちらにも 読んでもらえるとうれしいです